ベンツテスター

旧版~W222,W231,W205,W166,W172,W246等の現行タイプまでの診断が可能!

お客様のニーズに対応!

222(Sクラス)診断可能!(SDconnect)有線・無線対応!
2020年 最新モデル
2020年Vr XENTRYデベロッパーモデル
バリエーションコードの表字、入力可能、開発データーモードあり。
2020年Vr XENTRYデベッパー+プロ用スペシャル仕様Ⅱ 開発モード、オフラインSCN可能、パスワード入力、、7速オートバルブボディ交換用ソフト。

ベンツのオーナー様自身でさえ気ずかなかった全ての故障箇所のデーターがこのテスターで把握出来ます!
コンピュータ制御化の加速化に伴い各ユニット間のコンピュータ解析が可能になった現在では、その性能を保持する為にはやはりこのテスター無しではメルセデスベンツの修理は不可能とまで言われています!

特に高年式のメルセデスはブレーキパッドの交換、エンジンオイルの交換、ATF(レベルゲージがありません) エンジンコンピューター、トランスミッションコンピューターなどの交換の際にはDASでプログラミングを行わないと作動しません。
これからはディラーでしか出来なかった作業も貴社様の修理工場で可能になります!!

ベンツテスターの機能は (DAS診断とWIS配線図)

  • ショートテスト機能(自己診断) フォルトコード(f/故障個所)の診断
  • 故障コードの表示及び消去、リセット(各インジケーター、エアバック、オイルメンテナンスマーク等)
  • アクティブテスト機能
  • 整備部位安全サポート(作業中の強制解除機能)
  • 故障探求のフローチャート、ライブデータ表示
  • 部品の名称、システムの構造、機能取付場所や配線図表示(WISと呼びます)
  • 分解した手順、締め付けトルクなど整備マニュアルの表示
  • 並行輸入車などのメーターの日本語書き変え
  • パーツカタログ(EPC)
  • ECUの書き換え(コーディング)
  • エンジン、電装、駆動系などの実測値の読み取り
  • 部品交換後のデータープログラミング等・・・・・

DAS
車両とケーブルで継ぎ車両の中に搭載されているコンピュータと通信をして、故障メモリーの読み出しをし診断を行うシステム
WIS (Workshop information system)
機能取り付け場所、配線図などの整備マニュアルを備えたシステム

WIS Standalone

DAS,XentryとWISが連動することにより、故障コード等から配線図、点検方法等連動して呼び出されます。
2016.3以降のDASはこの機能に対応しておりませんでしたが、このたびWIN7でもこの機能を使用できるようになりました。

HHTWin 単独起動

デスクトップ上のアイコンから直接HHTWinを起動することができます。

EPC価格表示可能

EPCにてj部品価格を表示することができます。また PDFにて保存も可能です。

XENTRY Daignostics実際の画面(W212,W207,W204を含む)

関連記事

車種別カテゴリ

最近の記事
おすすめ記事
  1. ベンツスペアーキーⅡ

  2. ベンツ7速ギア(722.9)車両のスペアキー製作

  3. ベンツスペアキー ジャックナイフタイプ製作

  4. BMW FEM修理

  5. ベンツメーターAMG化

  6. AUDI・VW中古ユニット同期

  7. スマート451 メーター ブラバスメーター変更

  8. ベンツメーター特殊修理

  9. BMW Eシリーズ(CAS3) コンフォートアクセス付き スペアキー製作

  10. ポルシェカイエンキーカバー交換

  1. 登録されている記事はございません。
TOP
CONTACT ACCESS 営業日 LINE